ジョージア州の補欠選挙はトランプ大統領の勝利

注目を集めていたジョージア州の補欠選挙ですが、結局共和党のハンデル候補の勝利となりました。

リベラルメディアは民主党のオーソフ候補が勝利し、トランプ大統領にノーを突きつけることを望んでいたようですが、結局そうはなりませんでした。リベラルメディアばかり見ていると、トランプ大統領はまるで国民に人気がないように見えますが、実はそんなことはないとはっきりしたのではないでしょうか?

コーミー長官の解任にしても、メディアはまるで司法妨害をしたかのように言いますが、そんな証拠はどこにもありません。これはメディアによる印象操作と言ってもいいでしょう。しかし今回の選挙で分かったことは、もうメディアがいくら人々を操ろうとしても、誰もそれに惑わされることはないってことです。

トランプ大統領は国民に支持されており、今後トランプ大統領はその政策を着実に実行していく、それが現実でしょう。弾劾を口にする人もいますが、それはあり得ないことですね。一番簡単なキャッシング